大統領就任式後の動きに注目

ニュースなどでは、デモや暴動などがクローズアップされた大統領就任式典

特にサプライズもなく無事通過したと思っております。

しかし、日経は就任式から値を下げて、本日ザラ場はギャップダウンして19000割れ
未だ19000を奪回出来ずにいる状況です。

日本市場は週末に起こった世界のニュースの影響を一番最初に試される試験紙みたいなものですから
今日の下げ自体はあまり気にしていません。

本番は今夜のNY市場ですね。
上がる下がるか考えてもわからないのでどっちでも良いのですが
①NYが下がって日経が上がることはないと思われます。
②NYが上がって日経が上がるは今までの通りですね。
問題は
③NYが上がって日経が上がれない、または下がる。
こうなると少し中期のシナリオに修正を加えなくてはいけません。
今日一日で全ては判断できないでしょうが
警戒は必要ですね。

まあ、あまり心配しなくても今日のNYは上昇すると思ってポジションは取ってます。
就任直後ですから失言でもない限りは大丈夫でしょう。
とは言え破天荒なトランプ氏ですから
いつもはナイトセッションはほどほどに監視する私も
PCの前に張り付いております。

NYが強い相場を継続するとして
日経はどうなるか?
なんですが
トランプ氏は常々中国、メキシコを槍玉に挙げています。
幸い日本について言及は今のところありません。
とりあえず、安倍さんの外交が功を奏して
日経も連れ高して頂けるとトレーダーとしては楽なのですが
ただ、まだ安倍首相とトランプ大統領との会談の予定は未定です。
いつになるかわかりませんが
早いうちに実現してもらって吉報をもたらして頂けたらと思います。

チャート的にはどうでしょう?
19670を付けて以降日経は調整に入ってます。
19670-18630-19280-未と日足は推移しております。
下落して約2/3戻して再下落。再下落は戻した値幅の2/3幅下落
という強いとも弱いとも取れない微妙な動きです。
っというのも私の基本は50%押し戻しを大体基準に見てるからです。
50%戻しより上昇したら強い。
50%押しより下落したら弱い。
という具合ですね。

現段階では日経は19000はおろか、5日線上浮上さえも出来ていない状況です。
目線は買い目線ですが、少し弱気の虫も、、、、私の中に居ることは否定出来ません。
ナイトセッションの値動きも
970-920のレンジ形成時間が長いですね。
わかりやすい節目として機能しそうです。

NY時間は、どちらかの節目をブレイクするでしょうから
ブレイクして走ったら素直に押し戻しを待って着いていこうと思ってます。

では、また明日

更新モチベーション維持の為にポチッとお願いします^^
ブログランキング・にほんブログ村へ