スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新モチベーション維持の為にポチッとお願いします^^
ブログランキング・にほんブログ村へ

MACD

最近生徒さんからオシレに関して質問されて
非常に困ったので、これはイカンと思い
オシレを上手く組み合わせたチャートの見方を考えてます。

ココ何年間かは、オシレを全く見てなかったので
とんとご無沙汰でした
RSI ストキャ MACDなどありますが
私は忙しいのは嫌なのでユックリと動くMACDを何とか組み込む事を研究してます。

オシレも単純移動平均線やボリンジャーバンドなどのテクニカル同様
やはりサインに目が行きがちですが
私の使い方はちょっと違います。

まずそもそもMACDとはどういうものなのか
これを理解した上で使いこなさいとダメなんで簡単に説明します。

大体どのチャートソフトでもMACDの設定は
12-26-9
となってますね
この最初の12と26は
12指数平滑移動平均線と26指数平滑移動平均線のことです。
(指数平滑移動平均線についてはググって下さい)

そして0のライン
これは2本の差を示しているものです。
MACDを見る時はこの0ラインを基準に見ます。

MACDラインが0以上なら12本が26本より高い
MACDラインが0以下なら12本が26本より低い

こんな感じですね

それとシグナルライン
これはデフォは9本ですね
なんで9なのかは良くわかりませんが…
これは何でも良いとは思います。

パラメーターはサインで使う以外は
案外いい加減で良いと考えてるんで(^^;
例えばジョー・ディナポリは
8・17・9
のパラメーターを使ってますね

そしてここからが本題
チャートと共に見ていきます

macd1.gif
大きく分類すると
・MACDラインがゼロ以上で上昇している(上昇トレンドが強い)
・MACDラインがゼロ以上で下落している(上昇トレンドが弱くなってきた)

・MACDラインがゼロ以下で下落している(下落トレンドが強い)
・MACDラインがゼロ以下で上昇している(下落トレンドが弱くなってきた)

これを背景として付け加えるのですね。



よくありがちなのは
MACDラインとシグナルラインの
ゴールデンクロス、デッドクロス
これをサインにして売買ルールを考える人が居ますが

そのように使っていしまうと
MACDは反応が遅いので勝率は良くなりません。
サインとして使うなら0ラインクロスの方が良いでしょう。

それを踏まえて実際にどのようにシナリオに組み込むか
2014y05m09d_155111557.gif




こんな感じでMACDはフィルターの一つとして
充分に使えます。
今日の上昇を予測できたのも
この60分MACDの動きがあったから
ひょっとしたら?と思い打診買いを入れることができました。





更新モチベーション維持の為にポチッとお願いします^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。