スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新モチベーション維持の為にポチッとお願いします^^
ブログランキング・にほんブログ村へ

損切り

上手なトレードとは何か?

・エントリーポイントが優れてる
・連戦連勝
・予測がよく当たる
皆さん思いつくのは上記の項目だと思います。
しかし…
プロと素人を比べて一番差が出るのは
実は損切りだと思います。

私はトレードの上手い人、下手な人を
見分ける基準として
この損切りを一番重要視します。

実は損切り出来ない人って結構多いんですよ
だって、嫌ですよね損を認めて決済するんですから
自分の思惑と反対に行かれる
それを認めてポチッと決済ボタンを押さなきゃならない。
「なんで俺が買ったら逆行くねん。。。」
「絶対に戻るし、、、」
「俺はアホか…」
いろんな感情が出てきますよね。
自己否定、自己嫌悪
しかし相場で飯を食って行くんでしたら
この損切りは必ず一番最初に覚えないといけません。

あるプロップファームでは
必ず二人ひと組でトレードをさせるそうです。
ひとりはエントリー、もうひとりは損切り要員として待機します。
「Aさんのエントリー判断が間違っていたかは
別のBさんによって監視され、Bさんによって判断される」
なぜそんな手間な事をするのか?
それくらい損切りって難しく且つ大事なことなんです。

プロがトレードする現場でも
そのような対策が講じられているのですから
素人の人が簡単に損切り出来るとは少し考えにくいですね。
しかし、この状況を逆説的に考えると
プロでも負けトレードがあるという事です。

「プロでも負けトレードがある」
そう考えると少し楽になりませんか?

所詮人間はアホなんです(笑)
一分先の予測も100%で当てることは出来ないのです。
自分の思惑と違ったら
「あ~あ俺はアホやった」
そう言いながら損切りしてください。
(言葉に出すと負担が軽くなります。筆者経験談w)

自分がアホだと認めたくない人は
あれ思った動きと違うな?? と思ったら
「俺は逃げ足だけは人より早い」
と損切りを肯定的に捉えてスグに逃げてみてください。

また、商売をやってる人は
トレードを一つの商売と考えてください。
飲食店でも小売でも経費はかかりますね
家賃、人件費、材料代、税金などの支出は
経営していく上で必ず計算しますね。
トレードも同じです。
しかもトレードにかかる経費は
パソコンに証券会社への手数料、損切りした分のマイナス、税金のみ
こんな良い商売ない!!
そう考えられれば損切り分は経費として割り切れるんじゃないでしょうか?

かといって損切りばかりのトレードじゃ
精神的に参ってしまいますね。

だから勉強して相場を学びましょう。
そうすれば勝率は確実に上がります。
トレードも勉強すれば上達するんです。

でもね、技術が上達しても損切りできない人は
いつか大怪我しますからね。
だから「損切りが上手い」
そう言えるトレーダーになってくださいね。

更新モチベーション維持の為にポチッとお願いします^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。