スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新モチベーション維持の為にポチッとお願いします^^
ブログランキング・にほんブログ村へ

2015/11/13

お疲れ様でした。
久しぶりに私のトレード結果
19390Lでした。
寄り付いてから弱く下落
しかしV字の回復でしたね。

この動きを「難しいわけわからん?」と捉えるか?
想定内の動きと捉えるか?
あなたはどちらですか?

わけわからん派の人は少しお付き合い下さい。

わけわからん派の人は
400台中盤くらいで売って強烈な戻しに遭遇
そんな人も多かったんじゃないでしょうか?

しかし、日経はこういう動きをよくします。
このパターンはアベノミクス以降何度も目にしてきたんではないでしょうか?

なぜこんな強烈な切り返しがあるか?
まず一つ
ザラ場は政府の買いが入ります。
いつ、どのタイミングで入るのかは不明ですが
日銀に問合わせたこともありますが
当然教えてくれませんでしたw
しかし、実際に日銀ETF買いなどが入ってるのは事実ですね。
だから強烈な戻しがあるのです。

またチャート上から読み取れる理由として
今は日足レベルで中長期上昇トレンドです。短期も上昇トレンドと言っても良いでしょう。
だから下に行けば買いたい人が多いのです。
来週以降短期下落トレンドに移行するかもしれませんが
少なくとも今日のところは
上昇トレンドの調整中という見方が妥当でしょう。

裁量取引は、そういった相場背景を踏まえて
トレードしていかなければいけません。

基本的に上昇トレンドの調整中の下落と
下落トレンドの下落
この二つでは売る方法、売る位置を変えなければいけません。

私は昨日のナイトで700前半を売ってました。
これは少し調整の予兆があったから売ってました

上昇トレンドではこういう高値で売っていかないと持たせてくれません。
これが逆に下落トレンドなら400台中盤くらいで売っても
余裕で持たせてもらえると思います。

皆さんもご経験あると思いますが
サインやエントリーを検証していて
ある時はワークするが、ある時は全然ダメという経験があると思います。
特にシステムトレードではよくあります。

裁量取引なら、相場背景から判断して手法も選択できます。
その相場背景を読む力を養ってください。

今日はこの辺で^^
皆さんよい週末を

更新モチベーション維持の為にポチッとお願いします^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。