スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新モチベーション維持の為にポチッとお願いします^^
ブログランキング・にほんブログ村へ

ギャップについての考え方

ご質問頂きましたので答えられる範囲でお答えします。
ギャップアップ、ギャップダウンについて
ギャップはチャートが壊れたように見えてやりにくく感じる人が多いと思います。
そもそもギャップをするのは
ギャップした方向へ強いトレンドが出ているのですね。
ギャップした分チャートが空白になるから
トレンドラインも引きにくいしMAなどの乖離もいきなり大きくなるから
チャートが壊れたように見えるのかもしれません。

日経平均がギャップするには、その裏で世界の市場が大きく影響してますね。
CFDも為替も日本市場が動いてない時にも動いています。
日本市場が動いていない時にそれらに連動してると仮定するなら
ギャップも上下のトレンドとして普通に考えられないでしょうか?
gap.gif
イメージは上記の図の通りですね。
普通のトレンドと認識すれば良いのですね。

次にギャップの肯定否定について見ていきます。
まずギャップを肯定する場合です。
gap2.gif
これらの動きはギャップアップ(上昇の波動)肯定で強いと言えます。
gap3.gif
次にギャップ否定の動きです。
左はギャップを否定されていますが、上昇トレンド自体は否定されていません。
右はギャップも上昇トレンドも否定されていますね。

ギャップの対応と言っても何も難しいことはありません。
このように整理出来ていれば、いざ現場で困ることはありません。
そして基本的な考え方の根幹にあるのはダウ理論なんですね。
特別に必勝法があるわけではありません。
これらのセオリーに対するエントリーの方法に関しては
有料セミナーの内容に関わりますので割愛させていただきます。

まとめますと
ギャップだからと言って普通にトレンドとして捉えておけば良いのですね。
ただ、ギャップした意味をシッカリと考えてくださいね。
詳しく説明出来ずに歯痒いのですが、、、この辺で 更新モチベーション維持の為にポチッとお願いします^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。